2010年03月16日

<新潟市美術館>市長が文化庁訪問 国宝展示に理解求める(毎日新聞)

 新潟市美術館で4月24日〜6月13日に開催予定の企画展「奈良の古寺と仏像」をめぐり、文化庁が国宝と重要文化財(重文)の展示を認めない方針を示した問題で、篠田昭市長は12日午前、同庁を訪れ、合田隆史次長に当初計画通りの開催を求めた。

 同美術館では09年7月に展示作品にかびが発生したのに続き、10年2月にクモなどの虫が確認され、同庁は美術館の管理運営体制に懸念を示している。篠田市長は「(クモなどの発生を)大変反省している」と謝罪したうえで「失点を挽回(ばんかい)できるよう、市の全組織で取り組んでいきたい」と理解を求めた。

 同庁が展示に難色を示したのは、中宮寺の国宝菩薩半跏(ぼさつはんか)像と、法隆寺の観音菩薩立像など重文14点の仏像計15点。

【関連ニュース】
新潟市美術館:館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視
新潟市美術館:文化庁方針に市長不満 仏像展示問題
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生
新潟市美術館:国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁
東文研:確認前に「お墨付き」 クモ発生の新潟市美術館に

「肩代わり」密約回避できた=自民政権下の対応批判−北岡座長(時事通信)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<スカイマーク>副操縦士を諭旨退職 巡航中にデジカメ撮影(毎日新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(3)増える“日本人”(産経新聞)
水俣病和解協議、一時金210万円の案示す(読売新聞)
posted by ヒヨウドウ ヤスオ at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。